メンズメイクの新定番!フィトグラムBBクリーム【メンズ美容講座】

2020年9月に新発売されたメンズコスメ「フィトグラムBBクリーム」。本記事では、塗ってることが周りにバレないか?ベタベタしないか?など、購入や使用にあたり気になることを一挙ご紹介しています。また、「失敗しない塗り方」もレクチャーしているので、BBクリームを初めて使う方の実践的な手引きにしていただけます。

 目次

  1. そもそもBBクリームって?
  2. どんな時に塗るの?
  3. フィトグラムBBクリームの特長
  4. こんな男性におすすめ!
  5. 肌に合うお色味の選び方
  6. ビフォーアフターの写真
  7. 失敗しない塗り方
  8. BBクリームの落とし方

この記事を書いているのは

こんにちは。メンズ美容家りかと申します。現在、夕刊フジ(産経新聞社)でメンズ美容の週刊連載を手がけたり、出版社でメンズ美容のセミナーを開催するなど、メンズ美容に特化してお仕事しています。

 

私は幼少期より肌が弱く、20才にして80才まで肌老化してしまったほどです。肌を若くしたい一心で、5年間で約600個、1千万円分ものコスメを試しました。


その結果、独自の美容論を構築するに至り、2004年から美容家として活動を開始しました。今ではセミナー実績700件以上、1万4000名を超える方々に受講して頂いております。

1)BBクリームとは

BBクリームの「BB」はblemish balm、blemish baseの略です。

ドイツ発祥で、1960年代に皮膚科医Christine Schrammekが患者のピーリングや手術後の皮膚を保護するために処方したと言われています。

 

日本には1985年に導入されたとされ、今では美容成分が配合されたものや日焼け止め機能があるものなど、色々な製品が出ています。

元々は女性向けでしたが、メンズ美容の流行から男性用が発売され始めました。

「ファンデーションより手軽に使える」と人気があります。

2)どんな時に塗るの?

「BBクリームを塗ってみたいけど、いつ、どんなシーンで活用すれば良いか分からない」といった声を耳にします。

 

そこで、おすすめ利用シーンをご紹介させていただきます。

 

・デートやお見合いなど

・Zoomなどビデオ通話をするとき
・プレゼン等、仕事で人前に立つとき

・SNS等のプロフィール写真を撮影するとき

 

女性は毎日のようにBBクリームを塗ったりして、メイクをするのが当たり前ですよね。

男性も同じように、いつでも好きな時にメンズメイクを楽しんで頂ければと思います♪

3)フィトグラムBBクリームの特長

フィトグラムBBクリームは、日本の化粧品メーカーの老舗であるメイコー化粧品の製品です。

ヘアメイクアップアーティストの小椋ケンイチ(通称おぐねぇー)氏の完全プロデュースで誕生しました。

 

まるで「スフレ」のようフワッとした感触で、男性の肌に見事にフィットして青ヒゲ、シミ、ニキビ跡、毛穴、クマなどを自然にカバー。

 

皮脂吸着パウダー配合なので、顔のテカリも抑えます。

 

30g入り(毎日の使用で約3ヶ月分)で税込み2420円とリーズナブル。


【こだわりの成分】

肌への優しさを考慮して、国産の10種類もの植物エキス(保湿成分)を配合。

また、肌に負担となりやすいタールや香料、パラベン、紫外線吸収剤は含んでいません。

 

 

【日焼け止め効果】SPF15・PA+


軽い日焼け止め効果があるので、日常のちょっとした日焼け対策ができます。

※屋外で過ごす時間が長い場合などは、別途、しっかりした日焼け止めが必要です。

 


【カラーは全3色】

 

男性の肌に馴染みやすい3色が揃っています。

 

◆ライト(明るい肌色)
→Amazonで見る


◆ミディアム(自然な肌色)
→Amazonで見る

 

◆ダーク(健康的な肌色)
Amazonで見る 

4)こんな男性におすすめ

フィトグラムBBクリームは、年代問わずお使いいただけます。

青ヒゲ、シミ、ニキビ跡、毛穴、クマなど、肌の悩みを自然にカバーし、若々しい肌に見せてくれます。

BBクリームやメンズメイクと言うと、若い人のものだと思われがちですが、そんな事はありません。

 

人は年齢とともに肌がくすんだり、シミやクマができるなど、肌の悩みは増える傾向にあります。

若い人はもちろん、中年男性にも積極的に使っていただきたい一品です。

5)肌に合うお色味の選び方

男性がBBクリームを使う際に一番むずかしいと感じるのは、「自分の肌に合う色」の選び方ではないでしょうか。

自分の肌よりBBクリームが白すぎても黒すぎても、周りの人に塗っていることがバレてしまったり、違和感を与えることになります。

 

それを防ぐために一番確かな方法は、上記画像の通りフェイスラインに各カラーを乗せてみることです。

 

そして、顔や首と一番色が合っているものを購入しましょう。

 

【ネットで買う場合など】

販売店が近くになくお試しできない場合や、イチイチ試すのが面倒な場合などは、自分が周りの人と比べて色白なのか、色黒なのかといった基準で選ぶと良いでしょう。

 

色白なら「ライト」、色黒なら「ダーク普通なら「ミディアム」を選んでみてください。

6)ビフォーアフター

実際に男性の肌に塗らせていただきました。

 

色はこちらの方に一番合う「ミディアム」を選びました。

ビフォーは頬の赤みやヒゲの剃り跡が見えますが、アフターはそれらがカバーでき、肌色が均一に補正されているのがお分かり頂けると思います。

「塗っている感」もなく、とても自然な仕上がりです♪

 

※私、りかの写真撮影が下手で、光の当たり方が悪くてすみません...

▼ご感想をいただきました!

ご本人に感想をお聞きしたところ、

「日焼け止めを塗るより軽い付け心地。肌がつっぱったりベタベタしたりせず、違和感が一切ない。自分で鏡を見ても若々しく見える」

とのことでした♪
 

7)失敗しない塗り方

いつも通り、洗顔と保湿を済ませた上でBBクリームを塗っていきます。

BBクリームを直接顔に塗るのではなく、上記画像の通り、手の甲に適量取っていきます。

手のBBクリームを指に少量ずつ取り、額、頬、アゴに、BBクリームを「点」で置いていきます。

上記画像のように、指にごく少量のクリームをなじませます。

その指で、顔に点で置いたBBクリームを塗り広げていきます。

この時、肌をこすると肌荒れやシミの原因になるので注意が必要。

「塗る」というより、指でポンポンと「置いていく」イメージです。

指で顔全体にざっと塗り広げたら、メイク用のスポンジを使っていきます。


上記画像のように、先端が尖っているものが便利です。


100円ショップで購入できます。

額や頬、アゴなどの広い面をスポンジでポンポンと優しく叩き、BBクリームを肌に密着させていきます。

 

余分なBBクリームはスポンジが吸ってくれるので、メイクが崩れにくくなります。

まぶたはくすみやすい部分なので、目を閉じて、まぶたにも塗りましょう。

 

二重の溝にクリームが溜まりやすいので、その部分もスポンジで優しく押さえます。

 

目の下はスポンジの角を使って丁寧になじませていきます。

小鼻の周りは赤みが出やすいので、この部分にも塗っていきます。

 

スポンジの角を使えば簡単にできます。

唇の周りはスポンジで自然にボカしていきます。

 

唇にBBクリームがつくと血色が悪くなり、不健康で冴えないイメージになるので注意してください。

髪の生え際は、スポンジで自然にボカシします。

BBクリームが髪に付かないようにしましょう。

フェイスラインや耳の付け根もスポンジで馴染ませれば、完成です。

ちなみに、スキンケアもメイクも清潔第一。


スポンジは中性洗剤で小まめに洗うことが大切です。

8)BBクリームの落とし方

フィトグラムBBクリームは、石鹸や洗顔フォームで落とすことができます。

 

同シリーズの洗顔フォームも発売されているので、揃えて使うのも良いと思います。

 

もちろん、お手持ちの洗顔料で洗うこともできますが、もし落ちない場合は、市販のクレンジング(メイク落とし)を使えばスッキリ落ちます。

※フィトグラムBBクリームは全3色です


▼色白タイプ「ライト」


▼自然な肌色「ミディアム」


▼色黒タイプ「ダーク」

以上、フィトグラムBBクリームと使い方について一通りお伝えしました。

 

ご参考になれば幸いです。


メンズ美容家・木津利香