40代~50代のビジネスマン必見!眉毛カットの仕方【メンズ美容講座】

「若い頃はそうでもなかったのに、年々、眉毛が伸びるようになってきた」と悩んでいませんか?この記事では、3分でできる眉毛カットの仕方をレクチャーします。40代以上のビジネスマンに相応しい、自然で清潔感のある眉に仕上がります。

目次

  1. 100均で買える眉毛グッズ
  2. 眉毛カットの仕方

この記事を書いているのは


こんにちは!メンズ美容家・りかです。ご覧いただき有難うございます。私は2004年から美容家として活動をはじめ、セミナー登壇(700件以上)、美容カウンセリング(1000名以上)、執筆(新聞連載)、エステサロン等のコンサルティングなど、様々な活動を続けております。
プロフィール詳細はこちら

1.100均で買える眉毛グッズ

眉毛カットで使用するグッズは、100均でも購入できます。こちの画像は、DAISOさんの商品(3点セットで100円)です。加えて、I字型のカミソリ(刃が小さいタイプ)があると便利です。こちらも100均で購入できます。

 

・眉カット用のハサミ

・眉毛用のコーム

・毛抜き

・I字型のカミソリ

2.眉毛カットの仕方


若い芸能人やモデルさんのような眉毛ではなく、40代以上のビジネスマンに相応しい、自然で清潔感ある眉毛を目指します。

まず、眉毛の3つのポイントを押さえましょう。

 

・眉頭(まゆがしら)

目頭の真上

 

・眉山(まゆやま)

眉の一番高い部分

 

・眉尻(まゆじり)

眉の一番さいご

眉尻の位置を決めます。

 

①例えば鉛筆など、何かまっすぐなもので小鼻と目尻(図の赤いライン)を結んでみてください。

②次に、眉頭から眉尻まで、眉の下側をまっすぐ結びます(図の黒いライン)。

③赤と黒のラインが交差する部分が眉尻です。それより下にはみ出している眉毛は、ハサミで切るか毛抜きで抜きます。

続いて、眉山の位置を決めます。眉全体の長さの3分の1くらいが目安です(図参照)。

※眉毛の生え方は人それぞれです。黒目の真上あたりに眉山がある人もいれば、はっきりとした眉山がなく、一文字のような形の人もいます。その場合は無理に図の通りにせず、元の形を尊重しましょう。

いよいよカットします。眉頭、眉山、眉尻をつなぐ上のライン(図の赤いライン)からはみ出している毛をハサミで切ります。この時、「眉毛コーム」で眉毛を赤いラインまで持ち上げて、眉毛コームから長くはみ出している毛を切ります。切りすぎないために、必ずコームを当てたまま、コームの上から切るようにしましょう。

同じように、今度は眉毛の下側(図の赤いライン)からはみ出す毛を切っていきます。この時、「眉毛コーム」で毛を下にとかし、コームから長くはみ出す毛を切ります。

最後に、眉間とまぶたの毛を処理します。この部分は特に不潔な印象になりがちなので、I字型のカミソリや毛抜きを使って忘れずに処理しましょう。

ここがポイント!


色んな角度からチェック

眉毛もお顔も立体的なものです。正面からだけでなく、眉毛を右、左、上、下など色んな角度から見て、飛び出している毛をチェックしましょう。

 


恐る恐るカットする

慣れるまでは一本一本切るくらい、慎重に切りましょう。もし切りすぎてしまったらしばらく生えてこず、「ハゲ」のような状態になってしまいます…

 


完璧を目指さない

長く飛び出している毛をカットするだけでも、清潔感はアップします。いきなり完璧を目指して不自然な眉毛になるより、少しづつ慣れていくことが大切です。


以上、眉毛カットの仕方をお伝えました。最低でも1ヶ月に1度は眉毛カットして、清潔感をキープして頂ければと思います♪

▼より詳しく解説しています