メンズスキンケアの前にやるべき重大な盲点とは【メンズ美容講座】

メンズスキンケアの前にやるべき重大な盲点とは【メンズ美容講座】

メンズスキンケアが流行し、お肌を気にする男性がとても増えました。しかしながら化粧品に気をとられ、重大なことを見落としている男性が多くいらっしゃいます。それは「清潔」。お肌に直接触れる寝具は、なんと便座より菌が多いというデータがあります。

目次

  1. 重大な盲点とは?
  2. トイレの便座より汚い
  3. お洗濯の頻度

1)重大な盲点とは?


メンズスキンケアの前にやるべき重大な盲点とは【メンズ美容講座】

こんにちは!メンズ美容家・りかです。ご覧いただきまして誠にありがとうございます。

 


メンズスキンケアの前にやるべき重大な盲点、それは「寝具などお肌に直接触れるものを清潔にする」ことです。

メンズ美容を通したくさんの男性と交流させていただく中で、その意識が低いかたが多いと気づかされます。



メンズスキンケアと言うと化粧品の成分やブランドなど、つい流行を追い求めがちだと思います。

しかしながら、それ以前に清潔第一。

 

 

・タオル

・枕カバーやシーツ

・メンズメイク道具 

など

 

 

お肌に直接触れるものを清潔に保つことは、スキンケアの一環だと言えるのではないでしょうか。

2.トイレの便座より汚い


P&Gが「ファブリーズ」の効果訴求に関連した調査によると、新品のシーツで一晩寝るだけで、シーツの菌は4倍以上に増えていることが分かりました。

さらに1週間使い続けると11倍~12倍にもなります。

(※P&Gが2009年の1月5日~26日、30代~40代の男性8名を対象に行った実験)

 

 

また、2011年にNSF(公衆安全衛生の分野でWHOなど国際的に認められた第三者認証機関)が実施した調査にもとづく「家庭にあるトイレの便座に付着した菌の量」と比較すると、

 

 

・使用期間1日のシーツは便座の3倍

・使用期間7日では9倍

 

 

これだけ菌の量が多いことがわかりました。

原因としては



・汗

・皮脂

・肌の老廃物など

 

これらが様々な菌の温床となり、結果、トイレの便座より菌が増えるそうです。

3.お洗濯の頻度

メンズスキンケアの前にやるべき重大な盲点「メンズ美容講座」

インターネットを利用した「シーツの洗濯の頻度」に関するアンケート調査を拝見すると、1週間に2度~1年に1度(!)という方まで、実に人それぞれです。
マメに洗いたくても仕事をしていると時間がない、というご意見が目立ちうなづけます。

ちなみに、私は週に1~2回です。



また、シーツの菌が便座より多いからと言って、すぐに肌荒れするかどうかは私には分かりません。

それこそスキンケアの仕方や生活習慣、肌質や状態にもよるのだと思います。

 

 

しかし、美容を愛する者としてこう考えます。



美は、不潔な状態には宿らない。
気持ちの良い環境を整える「心のゆとり」こそ、美を育むのだと。

 

 

以上、最後までご覧いただきまして有難うございました!