· 

こんなに簡単に痩せられるの!?食事の3つのポイント

こんにちは!メンズ美容講座、講師のリカです。

 

今回のテーマは「ダイエット」!

 

食事の3つのポイントをお届けいたします ♪

 

 

 

1)肥満タンパクに注意

2)糖質制限より、食べる順番

3)食欲ホルモンをコントロール

 

 

 

…はじめに、重大なことをお伝えいたします。

 

 

3つとも、きっとどこかで聞いたことのある内容だと思います。

 

けれど、知っているのと実践しているのとでは、大きな違い。

 

 

 

ダイエットで一番大事なことは、

 

 

 

× 目新しい方法を短期間だけおこなう

 

 日々無理なく継続していく

 

 

 

私たちのボディラインをつくっているのは、紛れもなく「生活習慣」だという強い意識で読み進めていただけたらと思います。

 

 

 

それで早速、見ていきましょう!

1)肥満タンパクに注意

 

 

「夜、食べると太りやすい」

 

経験的にそう感じている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

 

 

実はこれ、ホントなんです。

 

 

 

夜は、朝までの飢餓状態にそなえ「肥満タンパク」が増えます。

肥満タンパクとは、体内時計をコントロールする「ビーマル1」という遺伝子により作られるタンパク質のこと。

脂肪合成をうながし、脂肪をたくわえやすくします。

 

 

また、睡眠中はコルチゾールというホルモンが、余分な脂肪を分解してくれています。

ところが、夜遅い時間に食事をすると、血中に十分な栄養があるため、体脂肪が分解されません。

 

 

夕食の理想は、18時~19時。

遅くとも、21時までには済ませましょう。

 

 

 

 

2)糖質制限より、「食べる順番」が大事

 

糖質制限ダイエットが流行っていますが、糖質は三大栄養素の一つ。

私たちが生きていくに、なくてはならないものなのです。

減らしすぎるとバランスを崩し、かなり危険です。

 

また、足りないカロリーを補おうとして、無意識的にほかの栄養素をたくさん食べてしまい、結果、カロリーオーバーになることも。

 

糖質をぬく、といった危ない橋を渡るより、「食べる順番」に気をつけましょう。

 

 

 

野菜や海藻などの食物繊維

 

 ↓

 

魚や肉などの主菜

 

 ↓

 

ご飯やパンなどの主食

 

 

こうした食事の順番は、血糖値の急上昇をおさえます。

インスリンもゆるやかに分泌されるため、糖質はすみやかにエネルギーとして消費され、不要な脂肪となることはありません。

3)食欲ホルモンをコントロール

 

「レプチン」という脂肪細胞から作り出される食欲抑制ホルモン。

「グレリン」という胃から分泌される食欲増進ホルモン。

 

この2つがバランスよく働くことで、ダイエット効果が得られます。

 

 

そのためには、よく噛んで、ゆっくり食べることが大事。

 

 

食欲抑制ホルモンであるレプチンの分泌速度は遅いため、早食いをすると、過食しがちになります。

 

 

ゆっくり食べるためには、「一口あたり30回噛む」ことです。

すると、食事の時間が30分くらい必要となり、自然と「腹八分目」でやめられます。

 

 

特に夜は、食欲増進ホルモンであるグレリンが分泌されやすいことと、身体が脂肪をたくわえやすくなることから、注意が必要。

夕食は、特によく噛んで、ゆっくり食べましょう。

 

 

 

…以上、ダイエットにおける食事のポイントを3つ、お伝えいたしました。

 

 

 

世の中で流行っている、「糖質はぬけ!肉とサバ缶を食え!」といった極端な方法ではないので、拍子抜けされましたか??

 

 

くり返しとなりますが、私たちのボディラインは、間違いなく生活習慣がつくっています。

例えサバ缶を食べても、早食いや大食いをしていては、何にもならないのです。

 

 

 

今回は以上となります。

それではまた、別の授業でお会いいたしましょう!