· 

薄毛対策におすすめの食べ物【薄毛の3つのタイプ別】

薄毛でお悩みの男性へ。

 

「〇〇が髪に良いらしい…という都市伝説ではなく、ちゃんとした食べ物が知りたい! 」と思っていませんか?東洋医学の観点から、薄毛におすすめの食べ物を、分かりやすく解説いたします。

本記事のテーマ

 

薄毛対策におすすめの食べ物【薄毛の3つのタイプ別】


目次

  1. 薄毛の3つのタイプ
  2. 【タイプ別】薄毛におすすめの食べ物

1.薄毛の3つのタイプ

 

東洋医学では、薄毛には大きく分けて3タイプがあると考えられています。 

 

 

1)血虚(けっきょ)タイプ 

<髪がパサパサで、抜け毛が気になる>

 

東洋医学では、「髪は血余(けつよ)」と言われ、血の余りで作られていると考えられています。そのため、血が不足して「血虚」状態となると、髪が細くパサパサになり、抜け毛も増えます。

ダイエットをして髪が薄くなってしまった、という男性は、栄養不足が原因かもしれません。

 

 

 

2)腎虚(じんきょ)タイプ 

<年齢を重ねるごとに薄毛や白髪に>

 

髪は「腎」とも関係があります。腎とは、生命力や生殖力を蓄えている所ですが、年齢とともにその能力が低下し、「腎虚」という状態になります。

年齢とともに薄毛になったり、白髪(若白髪も含む)が増えるのも、腎虚の状態と言えます。

 

 

 

3)気逆(きぎゃく)タイプ 

<ストレス性の薄毛、脱毛>

 

ストレスなどによる不眠、動悸、不安感などは、「気」を消耗し、血の循環も悪くします。すると、頭皮や髪にも影響し、抜け毛や薄毛になりやすいと言われています。円形脱毛症になる場合もあります。

 

 

 

 

以上、代表的な3つのタイプをお伝えいたしました。ご自身はどのタイプか、ピンとくるものはありましたでしょうか?

 

2.薄毛におすすめの食べ物(タイプ別)

上記3つのタイプに合わせた「食養生」をお伝えいたします。ちなみに、養生(ようじょう)とは、健やかに生きるための「生活の知恵」だと言えます。

 

 

 

1)血虚(けっきょ)タイプ

 

<不足した血を補い、肝や腎の働きを高める食材>

・アーモンド、落花生、松の実などのナッツ類

・レーズン、プルーン、クコの実などのドライフルーツ

・黒ごま、黒豆、黒米など、黒色のもの

 

 

 

2)腎虚(じんきょ)タイプ 

 

<腎の働きを高める食材>

・しじみ

・牡蠣

・イカ

・エビ

・うなぎ

 

 

 

3)気逆(きぎゃく)タイプ 

<イライラを落ち着かせ気を下げる食材>

・春菊、セロリ、シソ、三つ葉など、香りが爽やかなもの

・ミントティー

 

 

 

以上、タイプ別に、食べ物をご紹介いたしました。いくら良いものでも、偏りは禁物。バランスの良い食事が基本です。




また、早食いや大食いは「不養生」だと言えます。
よく噛み、ゆっくり食べ、腹八分目でやめる。こうした知恵が、豊かで美しい髪を育むのだと心得ましょう。



PS.
薄毛対策にはシャンプーやサプリメントも大切な要素。よろしければ、下記記事もご覧くださいね。薄毛の原因や根本的な対策も、分かりやすく解説しております。

薄毛におすすめのシャンプーとサプリ【原因から対策まで解説】



最後までお読みいただき有難うございました!

ご参考になりましたら幸いです。