· 

老化や加齢臭をもまねく「活性酸素」



こんにちは!

メンズ美容講座、講師のリカです。

今回は活性酸素、そして、抗酸化をテーマにお届けいたします。

 

シミやシワをはじめ、生活習慣病やガンなどの原因となる活性酸素。

活性酸素という言葉はきいたことがあっても、くわしいことや、その対処法は、意外と漠然としているのではないでしょうか。


活性酸素とは一体なにか?

そして、お肌や身体を健やかに保つにはどうすれば良いのかを、探っていきましょう。


わたしたち人間は、空気を吸い、生命を維持していますね。

体内に取り入れた空気中の酸素は、体内ですべて使われるのではなく、使われずに酸化してしまうものもあります。

これらが、活性酸素や一酸化窒素などに変化。


活性酸素は、体内に侵入した細菌を排除するなど、身体をまもる働きがあります。

一方、老化や、あらゆる病気の原因となることも分かっています。


本来、身体には、活性酸素を無害化させるシステムが備わっています。

しかしながら加齢により、その働きは、年々低下していくのが現実。

酸化による害は徐々に蓄積し、増加します。


活性酸素は普通に生活していても発生するものですが、過剰に発生させないように気をつけることが大事です。


活性酸素を過剰に発生させる因子は、次の通りです。


【活性酸素産生因子】

・薬品

・タバコ

・紫外線

・電磁波

・食べすぎ

・激しい運動

・アルコール

・感染症や疾患

・過度のストレス

・自動車の排気ガス 

など


活性酸素は、シミやシワといった肌老化や、高脂血症、糖尿病、肝機能障害、ある種のガンといった生活習慣病を引き起こすことが分かっています。


また、40代ころから気になり始める「加齢臭」とも深く関連。

お肌には、皮脂を分泌するための皮脂線があります。

年齢を重ねると、皮脂線の中のパルミトオレイン酸という脂肪酸が増加。

パルミトオレイン酸は、過酸化脂質と結びつくことで、加齢臭のもと「ノネナール」という物質が出来あがります。

実は、活性酸素は、この過酸化脂質を増やすことが分かっているのです。


 

ここまでお読みいただき、活性酸素には、

・身体を守る働きと、

・老化や病気の原因ともなる

という事が、お分かり頂けたと思います。


では、ここからが、一番大事なところ!

活性酸素から身体を守るには、一体どうすれば良いのでしょうか…?!


〜活性酸素から身体を守る2つのポイント!〜

1) 生活習慣の見直し

先述した、食べすぎ、お酒、タバコ、過度のストレス、激しい運動など、活性酸素を大量に発生させてしまう生活習慣を見直すことが大切です。


2) 抗酸化物質をとる

活性酸素を除去する抗酸化物質は、体内でも産生されますが、加齢によりその働きは低下します。

抗酸化作用のある食べ物、そして、バランスの良い食事を心がけることが大切です。


【抗酸化物質一例】

・ビタミンC

キウイフルーツ、イチゴ、ブロッコリー等

・ビタミンE

アーモンド、うなぎ、カボチャ等

・クロロゲン酸

コーヒー

・リコピン

トマト、すいか、ピンクグレープフルーツ等

・ルチン

蕎麦

・イソフラボン

豆腐、納豆など

・アスタキサンチン

鮭、エビ、いくら等


…… 最後に、食事に関連する生活習慣について。

いくら良い食べ物を、バランスよく食べていたとしても、大食いや早食いといった習慣は禁物です。


よく噛んで、ゆっくり食べる。

腹八分目で止める。


忙しい時は仕方ありませんが、お休みの時だけでも、気をつけてあげてくださいね。

こうした身体への配慮が、「自分を愛する」ということではないでしょうか。


それではまた次回!

最後までお読みいただき、ありがとうございました!